片山右京 F1 Blog

アクセスカウンタ

zoom RSS アメリカGP:レースを盛り上げるルール運用を!

<<   作成日時 : 2005/06/22 16:13   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 51 / コメント 32

今回のアメリカGPは、釈然としない気持ちで一杯になった。

形式上・規約上はレースなのかもしれないが、
レース以前のゴタゴタで多くのチームがレースに参加せず、
正常なスポーツイベントとはかけ離れたものだったからだ。
そして、勝ったミハエルには、何の落ち度も無いし責任は無いのに、
せっかくの久々の勝利が茶番に見えてしまった。

もちろん、ミシュランの持ち込んだタイヤが
インディアナポリスのコースにマッチしなかったのは事実だろう。
そして、ラルフもゾンタもそれが原因と思われるクラッシュをした。
このこと自体も確かに問題だろうが、
そこから解決策を見出せなかったことの方が
F1界全体として大きな問題だと思う。
今回の件について、ミシュランだけを責めることはできない。

経緯については、色々なメディアで報道されているとおり。
決勝で新しいタイヤを使うことも、
シケインを設置することも合意にいたらず、
FIAは「危険が無いように走るか、10周おきにタイヤ交換しなさい。」
という見解を出した。
正論ではあるが、いつバーストするか分からないタイヤで、
ドライバーをコースに送り出すのは、チームにとって酷なことだ。
10周かならず持つという保障も無く、
さらに金曜日には、実際にクラッシュがあったのだから。

実際には、色々な提案がなされ、関係者はぎりぎりの交渉をしただろう。
しかし、そのときにファンやスポンサーといった、
すなわちF1にとってのお客さんのことを考えて欲しかった。
プロなのだから、まずファンから見て正常なイベントを
開催することに、努力するべきだったと思う。
たしかに、チームの利害関係や、コンコルド協定、
意地や面子の問題など色々なことはある。
そういう、政治的あるいは技術的な駆け引きがあるのは、仕方が無い。
でも、その結果がああいう形で日曜日に展開されるのは、
避けて欲しいものだ。
そして、FIAにはルールに関して、チーム締め出しではなく、
レースを盛り上げる方向で運用することを望みたい。


-----------------------------------------------

それにしても、チームの戦略もあったとはいえ、
ヤルノのポールポジションは見事だった。
直線スピードも十分。旋回性の高いマシン特性を、ヤルノが
上手く引き出したポールだった。

レースでは、ミシュラン勢の中でタイヤが持つと言われていた
マクラーレンとBARが強力なライバルだっただろうが、
トヨタの初勝利も期待できるような状況だった。

そういう意味でも、残念なアメリカGPだった。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(51件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
F1第9戦アメリカGP決勝を見て
F1第9戦アメリカGP決勝結果 ...続きを見る
Blog Epsilon
2005/06/22 16:27
怒りはどこに向かえば…
史上最低のアメリカGPが終わり、さて、この怒りはどうしようか? ...続きを見る
ブログの体験
2005/06/22 16:29
【F1】アメリカGP雑感
フォーメーションラップからピットに戻るマシンをみて唖然とした。歴史的事件だった。残ったのは、BSタイヤを履いた6台。赤旗中断になると思ったら、そのままレースが開始された。まるで練習走行を見ているようだった。最初に言いたいのは、タイヤ交換できないレギュレー... ...続きを見る
興味&趣味のページ
2005/06/22 16:54
F1 アメリカGP決勝
アメリカGP決勝 ...続きを見る
GENKINORINORI
2005/06/22 17:07
USGPって
がんばって生で見てしまいましたが、まぁ解説に脇坂選手が居たおかげもあって、別の見 ...続きを見る
hilog 〜 物欲への挑戦
2005/06/22 17:20
F1 第9戦 たった6台のアメリカGP決勝
フリー走行時、二人のドライバーがスピンした。 内一人はマシンが大破し、予選・決勝ともに欠場に。 ...続きを見る
車ブログ
2005/06/22 17:28
F1アメリカGP
6台のみの走行だった、アメリカGP。 ...続きを見る
らすか's Diary
2005/06/22 17:28
アメリカGP:これがレース?
スタートしたのはフェラーリ・ジョーダン・ミナルディの3チーム6台のブリヂストンユーザのみ。 ...続きを見る
yukieの素敵☆日記
2005/06/22 17:31
モータースポーツの安全とルール
F1アメリカGPは、見ていてとても悲しくなってしまった。 たった6台しか走ってい ...続きを見る
好きこそものの上手なげ
2005/06/22 17:39
USGP
かなり憤慨したGPが終わりました。 多分、世界中のレースファンはどのような理由であれ怒っているはずです。 リアルタイムで見ていたので、寝るか寝まずまいかと悩みましたが、 結局最後まで見ました。 なんか閉鎖的になスポーツだな〜とつくづく思いました。 FIAはこれ... ...続きを見る
デザインの日々
2005/06/22 17:43
怒・怒りの2005F1アメリカGP決勝
史上最高につまらないF1グランプリでした。 ミシュランタイヤの構造上の問題で10 ...続きを見る
F1
2005/06/22 18:17
史上最低のGP F1は誰のもの?
いったいなぜ、こんなことになってしまったのだろう?  原因はいくつかあり、それらはねじれの構造を起こしつつ絡み合っている。〓権力者がうまみを独占するという、旧時代的興業体質 FIAのあまりに政治的な体質、モズレーとバーニーという、見るからにいびつな2人の ...続きを見る
開運ダイアリー
2005/06/22 18:17
レース棄権したミシュラン勢がファンに謝罪
...続きを見る
F1
2005/06/22 18:18
F1 アメリカGP!
フェラーリBS今シーズン初勝利!...って何なの?今回のGP。 ま〜レースは成立しているので結果が全てなんでしょうが、とんだ茶番劇ですね。 ルールって一体何?あれが高価なチケットを購入した人や中継を楽しみにしている人に見せるものでしょうか?。 ...続きを見る
Hiroshi's Artwork bl...
2005/06/22 18:26
F1アメリカ観戦してきました:日曜日の悲しいレース(写真アップしました)
悲しみの観戦となってしまいましたが、現地の写真をアップしました。 その場の雰囲気をつかんでいただければと思います。 ご覧くださいマセ・・・。 しくしく・・・。 ...続きを見る
compose-R.net | Jour...
2005/06/22 18:30
[レース]F1 アメリカGPなの?
フォーメーションラップ後、スターティンググリッドに向かうマシンをみて・・・寂しさ・怒りなんて感情が入り交じった気持ちになった。 スタートしたのは、わずか6台。 こんなのレースじゃない。客をファンをバカにするにもほどがある。 FIAには失望しました・・・。 今回、問題のあるタイヤを用意したミシュランに問題がある。 ブリジストンの6台は完走してるからね。 ただ、それに対して規則だけで対応したFIA・・・ここが最悪だった。 エクレストンさん・・・辞めてくれ、頼む。 TOYOTAのトゥルー... ...続きを見る
まるのまるまる日記
2005/06/22 19:10
【F1】第9戦アメリカグランプリ決勝
前代未聞のF1グランプリ! タイヤの安全性を考慮してミシュラン勢全車レースをボイ ...続きを見る
ゴンベのべんご
2005/06/22 19:17
今のF1は危険だ〜その2〜
今のF1は危険だ。何度でも言う。今のF1は危険だ。 FIAは命なんてどうでもいいと考えていることがはっきりした。 それにしてもミハエルは何故最後まで走ったのだろうか。 最も安全に対して敏感なドライバーだと思っていたのに。 チャンピオンとして、ラルフの兄として、もっとできることがあったのではないだろうか。 今回ラルフは命に別状はなかったものの、単に運が良かっただけだ。 大惨事が起こってからでは遅いのだ。 ...続きを見る
ごっちゃんの戯言
2005/06/22 19:47
ミシュランだけが悪いのか?
今回のUSGPの事件についてミシュランだけを責めている人が結構いるようです。 確かにミシュランはミスをしました。 10週以上走れば破損の恐れがあるタイヤを作ってしまったのは間違いなくミシュランのミスです。 でもミシュランだけが悪いのでしょうか。 ミシュランはレースを棄権しないよういろいろ提案をしましたが、FIAとフェラーリが全て拒否。 このままレースに出れば危険だということで棄権をしたのです。 ミシュラン批判をする人の中には棄権するかどうかをチームに委ねれば良かったという意見も... ...続きを見る
ごっちゃんの戯言
2005/06/22 19:48
[F1]「アメリカGP:レースを盛り上げるルール運用を!」
右京さまのブログ、更新です。 http://ukyo-f1.at.webry.info/200506/article_2.html 実際には、色々な提案がなされ、関係者はぎりぎりの交渉をしただろう。 しかし、そのときにファンやスポンサーといった、 すなわちF1にとってのお客さんのことを考えて欲しかった。 プロなのだから、まずファンから見て正常なイベントを 開催することに、努力するべきだったと思う。 確かに・・・ね。 今後、このようなことのないように・・・願うばかりです。マジで。 モンちゃん、... ...続きを見る
裏「もん★まに」
2005/06/22 20:27
[F1]第8戦カナダグランプリ決勝結果
かつてない、すごいレースにになりました。2005年第9戦アメリカ・インディアナポリスモータースピードウェイ。 信じられますか、奥さん!たった6台のスタートです。フェラーリ、ジョーダン、ミナルディのみ。そう、ブリジストンタイヤを履くチームのみ。 雨のモナコで完走一桁なんて時もありましたが、最初から6台だけです。 事の発端はこうだ。フリー走行でゾンタがタイヤのパンクを起こした。そして、ラルフ・シューマッハも同じタイヤのトラブルで大クラッシュ。ここで、ミシュランはタイヤに問題があるのではないかとの疑... ...続きを見る
SATOXのシテオク日記
2005/06/22 20:45
アメリカGPに思う
今回のF1インディアナポリスGPは、ミシュランタイヤを使うチームが、タイヤの耐久性に問題があるため安全にレースを出来ないという理由でフォーメーションラップだけでレースをボイコットするという異例の展開をみせた。 ...続きを見る
あんにゅいの諸行無常
2005/06/22 20:56
アメリカGP
今迄7年程F1を見てきたけど、今回の出来事は正直残念だ、としか言いようがない。いくら俺がフェラーリファンだからといっても今回ばかりは今季初優勝でもあまり喜べない。どうせ勝つのならもっとエキサイティングなレースが見たかった。98年とかの常勝時代に入る前の戦力の劣 ...続きを見る
CASE OF K
2005/06/22 21:15
続・アメリカGP
フェラーリが同意しなかったからシケインが設置されなくてレースができなかった、という意見があるけど、現実的に考えてその日の朝に提案されてシケインをつくるっていうのは無理があるんじゃないだろうか。 それに仮にシケインが設置されたとしてもぶっつけ本番でレースを ...続きを見る
CASE OF K
2005/06/22 21:15
取り急ぎの感想 改め アメリカGP騒動
ごめんなさい。寝坊しました…(目覚めたのがAM3:50) で、めざましを合わせ直して急いでテレビをつけると… ...続きを見る
畳持参のぼそだら日記
2005/06/22 21:44
誰のためのF1なのか?〜F1アメリカGP綴り?
ル・マン24時間耐久レースのことを書きたかったが、それよりも衝撃的な事がF1アメリカGPで起こっていたのでそちらを先に書こうと思います。 ほぼ寝ずのレース観戦で自分的にシンドさ満載。ル・マンに付っきりだった為、F1の予選もその後のミシュラン事件もつゆ知らず、イ.. ...続きを見る
...
2005/06/22 21:50
アメリカGP
2005年 F1チャンピオンシップ 第9戦 アメリカGP は前代未聞のレースとなった。 ...続きを見る
ほげほげ日記
2005/06/22 23:02
F1 アメリカGPの右京さんのコメント
片山右京さんのBlogでコメントが出ました。 私が、「コメント頂けないのが残念です。」と書いた5時間くらい後でした。 もう少し待つべきでした。 右京さん申し訳ありませんでした。  ...続きを見る
Under Construction B...
2005/06/22 23:22
もう一度アメリカGPについて
片山右京氏のblogでも、レース運営という観点からFIAにやや非があるように書かれている。 やっぱりそうだろうとおもう ところで、FIAはこの件に関してあろうことか、損害賠償をミシュランユーザーチームから取ろうとしているらしい。 ...続きを見る
おとーさんになる人のブログ
2005/06/22 23:25
もう一度アメリカGPについて
片山右京氏のblogでも、レース運営という観点からFIAにやや非があるように書かれている。 やっぱりそうだろうとおもう ところで、FIAはこの件に関してあろうことか、損害賠償をミシュランユーザーチームから取ろうとしているらしい。 ...続きを見る
おとーさんになる人のブログ
2005/06/22 23:29
F1アメリカGP
さすがに朝5時までは見れないので、今回もビデオで。 生放送だけに、いつも以上にスタートまでに時間がかかる。 ...続きを見る
みんないた夏
2005/06/22 23:32
馬鹿げている!  ミシュラン
ミシュラン勢のボイコットにより、アメリカGPは台無しになりました。 &nbsp; 20台出走する予定のマシンが、実際に決勝に出ているのはブリジストン勢の6台だけです。 (フェラーリ、ジョーダン、ミナルディの各2台づつ。トヨタのポールは無駄になりました。) &n ...続きを見る
UNITED ENGINES 2
2005/06/23 00:02
アメリカGP;舞台裏
Racing-Live.comの記事によると、母国コロンビアからの応援団の前でレースが出来なかったモントーヤは 悔し涙を流していたそうです。ドライバーだってやっぱり走りたかった、それを如実に表していますね。 ...続きを見る
:fool on the planet:
2005/06/23 00:35
アメリカGP、一F1ファンの感想
茶番劇だったアメリカGP。 リザルト的には、ミシュラン勢7チーム14台が0周リタイア、 フェラーリ、ジョーダン、ミナルディの3チーム6台が完走、ポイントを獲得というものだった。 この結果には、ある意味満足している。 ...続きを見る
しいたけのぶろぐ
2005/06/23 01:19
アメリカGP…アハハハハ
今ちょうどアメリカGPを観ているところ。 コース上には、ブリジストンタイアをはいているフェラーリ、ジョーダン、ミナルディの6台のみ。 ミシュラン勢14台は、フォーメーションラップが終わった時点でピットに入り、レース参加を拒否。 テレビ画面では、無意味な周回がただただ消化されている。 コースにごみが投げ入れられたりしている。 ...続きを見る
しいたけのぶろぐ
2005/06/23 01:19
F1アメリカGP
あまりに遅い時間帯だったのでF1見なかったのですが なんだかえらい事になってたようで。 今回も開運ダイアリーさんの記事を 多大に参考にさせてもらっています。多謝。 ...続きを見る
ハネの音
2005/06/23 02:13
F1の惨状。。
F1アメリカGP。なんとも信じられないことになりましたね、、、AUTOSPORT WEB 2005/06/20ミシュラン勢不在。異例のレースを勝利で収めたのはシューマッハー F1第9戦アメリカGPの決勝が行われ、フェラーリのミハエル・シューマッハーが今季初勝利を獲得した。2位にはルーベンス・バリチェ& ...続きを見る
Not Deep,But Spread-...
2005/06/23 02:41
アメリカGPを振り返る
アメリカGPは前代未聞の最低最悪のレースだった。ミハエル今季初勝利とか、フェラー... ...続きを見る
weblog @ masahiko.or...
2005/06/23 03:11
アメリカGPで起きたこと
すっかり遅くなってしまいましたが、アメリカGPでのことについて思ったことを書きます。まず、私の意見としては一番悪いのはミシュランだと思います。だってすべての原因は彼らが粗悪なタイヤを製作したことなんですから。10周しかもたないタイヤを作ったのは彼らのミスなんです。そ& ...続きを見る
あきこの日記
2005/06/23 03:18
F1 アメリカGP リザルト そして・・・
≫ F1Racing.net ≪ ...続きを見る
ブログアフィリエイト by Dio's ...
2005/06/23 03:21
US GP Final リアルタイム版
やっぱり空でしたか。 北川さんの\&quot;とりあえず目立っとけ\&quot;は大正解だったようです。 ...続きを見る
偏F1日記
2005/06/23 03:29
なにコレ?!
コレが USA-GP決勝の結果なのか? とてもレースと呼べるものではありません。... ...続きを見る
OdyssEy RB.ISM Blog
2005/06/23 09:32
史上最低のF1グランプリ
エンターテイメントの本場、アメリカ。そのアメリカに乗り込み、かたくなにルールを守ったヨーロッパ伝統のF1。 ...続きを見る
:::kazu-style.com:::
2005/06/23 09:55
「ミシュランだけが悪いのか?」について
「ミシュランだけが悪いのか?」について このことに関してはこの先延々議論が続くでしょうが、個人的意見がいくつかあります。FIAは全てを自らのコントロール下に置かないと気がすまないと言うのは もう20年以上前から行われていました。かつてのジャン・マリー・バレストル会長時代から、しかしここまでひどくなったのは現会長のマックス・モズレー会長になってからでしょう。バレストル会長時代は確かに横暴が過ぎましたが、それも欧州のコンストラクターやメーカーを保護するためのものでした。そのため今と違いかなり... ...続きを見る
FAZZ日記
2005/06/23 11:38
F1アメリカGP
2005年F1世界選手権 第9戦 アメリカ・グランプリ ◇2005年6月19日(日) @インディアナポリス・モータースピードウェイ(4.192km×73周=306.016km) ...続きを見る
スポーツ感染日記
2005/06/23 12:56
タイヤ
きょうは少しスポーツネタでも書いてみます。 ネタ的にマニアックなので、ご容赦ください。 &nbsp; 6月19日深夜にやっていたF1アメリカグランプリ。 F1は日本人ドライバー・佐藤琢磨選手がいる以外、ほとんど分からない。 ボクはその映像を見ていないので詳しく ...続きを見る
LIVERTY BELL〜みっきゅうが行...
2005/06/23 16:56
2回続けて、真夜中のF1でしたから。
なんだ!!!!! ...続きを見る
MOMOのシュークリーム
2005/06/23 18:00
アメリカGP決勝??
なんなんだ?このレースは!次の日も仕事だなーと思いながらスタートだけ見るつもりで眠い目をこすりながら見ていたらフォーメーションラップを走ってきたミシュランユーザーたちが次々とピットへ戻ってきた金曜日、ラルフのタイヤにトラブルが出てウォールに激突!ラルフ... ...続きを見る
※※ 徒然日記 ※※
2005/06/23 18:27
F1GP「ミシュラン」タイヤ勢、全車スタートせず!!
F1GP第9戦アメリカグランプリが19日(現地)行われました。 時差の関係で、日 ...続きを見る
ガリバー自動車流通研究所:リサーチデータ...
2005/06/23 20:12
F1 アメリカGP: 悲しみの波及
「アメリカGP:レースを盛り上げるルール運用を!」について 成立したレースを悲しむのは失礼かな 前戦までは「右京さんのblog」のコメント欄も上品だったが アメリカGPの悲しみが波及してきたようだ 右京さん/事務局さん 記事内容に関係ないトラバは削除して品位を保っておられるようですので、コメントについても言葉使いとか誹謗中傷的内容とか何らかの基準を逸脱するものは削除して頂きたいと思います ※WebruBlogユーザの多くが容認しているのなら我慢します ...続きを見る
Jazzと古典落語の日々
2005/06/23 20:47
本質を見極めろ!
ミシュランだけを非難し、FIAを擁護する人が結構いるみたいで正直驚いています。 もちろんミシュランは非難されても仕方ないと思います。 でもFIAに非が無いと言っている人はこの問題の本質をわかっていない。 FIAは言うなれば金のための「恐怖政治」を行っているのです。 そこにはF1のための「民主主義」は存在しないのです。 ミクロな視点では本質を見極めることはできません。 興味のある方はFIAについて調べてみてください。 ...続きを見る
ごっちゃんの戯言
2005/06/23 21:02

コメント(32件)

内 容 ニックネーム/日時
はじめまして。先日のアメリカGP中継を観るのを楽しみに、
TVの前で待ち構えていた一人です。
あの状況でレースが決行されてしまったのは 残念でなりませんでした。
色々と大変な事になっているのだろうとは思いましたが…
FIAがこう云うような意見をくみ上げて欲しいと思います。
たまみ
2005/06/22 16:46
はじめまして。
アメリカGPはレース呼び難いものになってしまって、とても悲しかったです。
けれども、私としては無理にミシュランタイヤ ユーザーのチームが出走してしまっていたら怪我人がでてたと思います。
FIAには、"安全なレース"を最優先していただきたいものです。
最後に...あのようなレースではありましたが、ティアゴ・モンテイロが3位なりすごく嬉しそうにしていたことは良かったと思っております。

長文失礼いたしました。
刻波
2005/06/22 17:20
右京さんにはどういった運用が適正だったのか書いて欲しいね。
FIAの「危険が無いように走るか、10周おきにタイヤ交換しなさい。」という見解に同意できないのに、どうしてシケイン設置で問題が回避できるのか?
フォーメーションにだけ出走してスポンサー対策を行ったチームについてどう思いますか?右京さんの考えが聞きたいです。
私はミシュラン及びそのユーザーには厳正なるペナルティを希望します。その上でFIAは興行的な面での責任(訴訟対応や返金処理等)をとればよいと思います。
ルールに問題があったのは事実ですが、最近のF1は政治的な駆け引きばかりが先行していてろくな協議も経ずにルールが決まってますよね?これって両成敗でしょ。それに今ごろ文句を言う方がおかしいですよ。だからミシュランとそのユーザーは罰せられるべきですね。
アーロン
2005/06/22 17:38
ミシュランユーザにペナルティがあるわけない。
危険だから走らなかったということでしょう。
ミシュランにしても持ち込んだタイヤが悪かっただけでそのタイヤでは走れないと判断したに過ぎない。

フェラーリを除くその他の関係者は問題解決に全力を尽くした。
しかし、FIAは政治的判断で避けることができたにも関わらずそれを行わず、重大な結果を招いた過失がある。

北米マーケットに対して信頼を失ったFIAは自浄能力がもしあるなら謝罪するでしょう。
たか
2005/06/22 18:33
ヨーロッパのスポーツは、以前から政治的な抑圧が強く強行的ですね。
そのバランスが崩れて表面化しているのでしょうね。

FIAは1994年のセナの事故以来、何かにおびえて、まるで取って付けたかのようなレギュレーションの変更を繰り返し、最近ではそれがどこを目指しているのかわからなくなっているように思います。

私はインディー、GT、WRC、MOTO、など長く見ていますが、セナ以降F1が一番面白くないです!
琢磨のような選手が日本から出てきて、興味をもって見はじめた人もこのようなレースなら見なくなるでしょうね。
私自身は毎年F1を期待しながら見ているのですが…。
ジルヴィルヌーブのレースや1992年のモナコのようなレースがまた見たいです!
tsuuyoo
2005/06/22 19:15
今回の件で得をしたのはフェラーリだけ。

それ以外の全ての人間は皆、損をしている。

こんなのおかしい。

もう2度とインディでF1が開催されることはないでしょうな。

訴訟大国と言われるアメリカで、損害賠償請求などの裁判沙汰にはならないのだろうか??

ま、いずれにせよ今のF1界を象徴するかのような、くだらん茶番劇だ。
ぽんぽこちん
2005/06/22 19:37
私は今回の一番の責任はミシュランにあると思います。
だって信頼性のないタイヤを持ち込んだのはミシュランのミスでしょ。そんなタイヤメーカーを選んだのはミシュランユーザーのミスです。
そんな致命的なミスを犯して、レースでブリヂストンに負けるのは当たり前です。なのにシケインを設置してノーポイントレースにするとか、新しいタイヤに交換するとか、そんなのグリッド降格などではペナルティが小さすぎます。レースに出るにはどうすればいいかということよりも、どうやってブリヂストンとの差をなくすかを考えていたとしか思えない。
確かに安全は重要です。ドライバーの命はなんとしても守らなければいけません。でも、安全を理由にして、致命的なミスを帳消しにするようなことがあってはいけないと思います。
FIAは、少なくともブリヂストン勢の圧倒的な優位を覆すことなく、ミシュラン勢が安全に走行できる方法を考えるべきでした。そしてミシュラン勢はその方法に同意するべきだったと思うのです。
ヨーロッパGPでは安全を捨てて勝利を目指したマクラーレン、今回は安全のために出走しないと。いったい彼らにとって何が重要なのでしょうか。

2005/06/22 22:20
はじめまして。
眠い目こすって楽しみに生中継を待っていたのですが、あんな結果になって残念でした。
私的には安全なタイヤを作ってこなかったミシュランも落ち度があったと思いますが、FIAが柔軟な対応をとっていれば良かったのになと思います。
「危険がないように走る」というのは勝負をするなと言ってるようなものですよね。20台でスタートしても勝負のないレースでは生で観ていたお客さんたちはやはり納得していなかったでしょうね。
シケインを設けるだけで真剣勝負見せることができたのですから、そうした手段をとって欲しかったと思います。
FIAとフェラーリが反対していたようですが、フェラーリも他のチームと競ってこそ引き立つ存在だと思うのですがね…
今年のチャンピオンシップ、このアメリカGPのポイント差で決まったなんてことがないといいです。
裕介
2005/06/22 22:51
 第1戦でタイヤに関して油断したのは、FIAも一緒だ。
 MIのとった非常識、FIAの主催したあのレースの非常識な結末は、積み重ねた両者の非常識の、最後の現れに過ぎない。
本来なら、簡単に交換が出来ない以上、車と同じレベルの検査態勢の準備をすべきだった。
 この交換不可ルールは安全の根幹に関わることだ、もっと慎重に採用すべきだった、いや、されていると、みんなどこかで思っていた。
しかし、こんな事に対してまで、誰も何も言えない、万全の措置をとれない、狂った状態になっていた。
FIAは、いっぺんに多くの仕事をしようとしすぎて、様々な対立を引き起こした。
彼らのルールの決め方は、既に正当性を失いつつあった、でも、仕事はしていると思っていた。
 だが、最低の、安全への責任が放置されていた。
数戦前からともった、94年より悪い黄色信号に、MIはFIAの従来通りの裁定に期待し、最終責任者であるFIAはメーカーの善意と能力に期待するだけで、動こうとしなかった、両者とも10年で、これが非常識であることを忘れていた。やはり、F1は狂っていたのだ。
セナを弔った一人
2005/06/22 23:39
びっくりしました。
よくもまあMIユーザーが、あれだけ足並みそろえましたねえ。
申し訳ないですが少し感動しました。人の命は大事です。
なんだか、歴史の証人になった気分です。
セナが亡くなったあと、たしか、モナコのフリー走行でボイコットを決めた時、足並みそろえず、真っ先にコースへ飛び出して行ったドライバーもいましたね、右京さん。

バリチェロとシューマッハ仲悪いの?
何があったの?右京さん、教えて下さい。
uk
2005/06/22 23:41
ミシュラン以外はFIAに非難が集まっている感がありますが、
僕はFIAとミシュランユーザーの7チームは同等の責任があると思います。
ミシュランユーザーでもピットレーンを使用したりして危険が無いように走ることは可能だったのに、
レースをボイコットしてイベントを台無しにしたことは、ファンをないがしろにする行為だったと思います。
プロならば、例えブリジストンユーザーとは勝負にならなくても、
走っている姿をファンに見せるべきではなかったでしょうか?
ゆっけ
2005/06/22 23:49
(つづき)
ルールは死んでいたのだ
ハッキリしていることは、今のFIAに、94年のような事故は阻止できないということだ。
みんなが危ないんじゃないか?
と思っていたのに、レースの安全を、多分大丈夫という気持ちで「保証」していたのだ。
誰かが、検査やテストを言い出すこともなく、ぶっつけで、大観衆の前に出てしまっていたのだ。
今のFIAに、一方的に誰かを裁く権利はない。
セナを弔った一人
2005/06/22 23:49
結果的に散々なGPだとは思いましたが、今年のポイント争いを考えると公平な形で良いと思いました。「ノンタイトルレース」なんて案があったみたいですが、こんな事がまかり通るなら誰もがやる気、そしてファンは今後見る気無くしますよ。安全性はもちろん大事ですが、安全すぎるレースなんか見る価値ありますか?
ファンあっての事と言ってますが、ファンはこの状況でも走る事を望んでいたのはと思います。クラッシュはレースの醍醐味です。
さてボイコットしたチームには全ポイントはく奪位のペナルティは欲しいです
会社ならこんな事したら即クビですよ
しえん
2005/06/23 02:43
はじめまして右京さん。前回の記事に、思わず先ばしって今回の件コメントしちゃいました。前回さっと書きましたが、私が考えた案は以下のとおりです。@シケインを作る。⇒MI車がより安全に走るための苦肉の手段ですね。A普通にレースを行う。⇒観客やスポンサーやもろもろ(夜中TV見てる日本人含む^^;)に対して、最低限のマストと考えております。B決勝結果より、MI車は、無条件にBS車より下の順位に降格された順位でポイント配分する。⇒BSの優位性を保つ。
例)優勝・・・MI車 ⇒ 表彰台に上がれるが、7位へ降格。
2・3位・・・BS車 ⇒ 繰上げ1・2位のポイントGET。
4〜16位・・・MI車 ⇒ BS者繰上げのため、8位〜20位扱い。
17〜20位・・・BS車 ⇒ 繰上げ3〜6位のポイントGET。
4real
2005/06/23 02:47
あとそれと、「今のF1は危険だ」とどこ行っても聞きますが、このレギュレーションの中で「危険なく」走れる車を作る努力が足りないだけだと思います
技術に限界はありません。そして限界があるなんて思ってるチーム即刻辞めるべきです
結局何があってもFIAの責任にしてしまうファンの方が多いのは誰の影響でしょうかね?
しえん
2005/06/23 02:52
はじめまして、右京さん。今回のUS.GPの結果にF-1ファンとしてとても落胆しております。
何故、オーバルレースの国のインディアナポリスという最高のコースを使用するのか?
あのコーナーにシケインを作ったらインディアナポリスの醍醐味は無くなると思います。
世界選手権でインディアナポリスを使用する意味やF-1の威厳に関わるようにも思います。
FIAもインディとアメリカンレースについて認識が甘い!
しかし今回のレースはミシュランの単なる『大惨敗!』でしょう。
もう少しだけファンに解りやすい大惨敗にして欲しかった。
今はメーカーやスポンサーが強くなり過ぎてあのような惨敗を認められないのでしょうね。
ミシュランだって宣伝広告費で参戦しているのでしょうから。
今回は、人命を重んじたと発言が出ていますが、個々の企業のビジネスをして、
エンターテーメントやオーバルの歴史を馬鹿にしたレースだったようにもみえる。
ミシュランには常にF-1クオリティを持って臨んで欲しいと思います。





hide
2005/06/23 03:10
あくまでもルールはルールです。
BSは今年の規定に従ってまずは完走出来るタイヤを造り
そのせいで予選はタイヤ温度が上がりきらないまま終わってしまいます。
対してMSは完走出来るという安全マージンを削って、
毎回走ってみないとわからない無責任さです。

今年からF1を始めたのでもなく、
インディアナポリスが初めてでも有りません。
レース中交換が可能だった昨年でも、
ラルフやアロンソがクラッシュしたのに、
73周のレースに対して持ち込んだタイヤはなんと10周しか?
シケインを造り、替わりのタイヤと交換させても、
果たしてそれで最後まで全車が持ったのでしょうか?
超高速即壁のコースに10周しか持たないタイヤを持ってきて、
フリーの時点で2台もクラッシュさせた無能連中が、
対策タイヤとシケインで最後までレース出来ますよと言って、
信用して安心して闘えるチームやドライバーが居るでしょうか?
TECH21
2005/06/23 05:04
しかも自分に都合の悪いレースだけはルールを変えてくれでは、
ルールがルールになりません。
BS勢がウチのタイヤは予選で不利だから、
せめて最終出走にしてくれって言ったらOKになりますか?
今回は観客には気の毒ですが、
ベストとは言いませんがベターだったでしょう。
FIAが融通が利かないと言っても、今回については責任転嫁ですよ。
MS勢も自らの意思で選んだのですし、F1は多数決競技ではありません。
今回は今までの安全無視の姿勢や、
技術の未熟さのツケが廻ってきただけです。
モナコじゃあるまいし、このコースでグリッド降格って、
フェラーリ2台が前に行くだけで、ペナルティにもなりません・・・

もうアメリカでは訴訟も始まっていますし、
MSとMSを選んでボイコットしたチームは返金に応じるのも仕方無い事です。
今回を転機にフェラーリ&ミハエルがチャンピオンになっても、
始めからルールを重視していた正直者が報われるだけで当たり前の事です!
TECH21
2005/06/23 05:05
ミシュランが主張する「現実的かつ可能な代案」というのは全て、ミシュランだけが一方的に得をし、非ミシュランユーザーに一文の得もないアイディアであって、こんなものが通ると本気で思っているのなら、「ファンの信頼と期待」という至高の価値を人質にとって、FIAとフェラーリを「恫喝」しているということだろう。現にそうして批判の矛先をFIAとフェラーリに転換することに成功している。
フェラーリを批判している方に問いたい。あなたは大学の試験で「昨日は勉強している途中で寝てしまいました。非は全て自分にあります。謝罪しますから試験を延期するか試験範囲を自分の勉強した範囲に変えて下さい」という主張を他の学生がした場合、それを認めるのですか。「自分も」寝てしまったのなら諸手をあげて賛成するでしょうけれど。
何故フェラーリが責められる?
2005/06/23 05:56
俺は、ミシュランユーザーには全く非はないと思うね。

タイヤに関してはミシュランに一任してあるんだろ?

そのミシュランが安全を保証できない、
と言ってきたんだからそれに従っただけ。

ミシュランもミシュランユーザーも
ドライバーの安全を第一に考えてるんだから。

しかし、やはり一番の原因は
安全なタイヤを用意できなかったミシュランにあるだろうね。

そもそも安全なタイヤがあればこんな事態になっていない。

ブリジストンは6台ともレースを走りきっている。この事実は大きい。

ただ、タイヤがレースにおいてこれだけ大きなウェイトを占める
ようになってきているのが明らかになったわけだから、

そのウェイトを緩和する方向でレギュレーションを修正する必要があるだろうね。
くそやろう
2005/06/23 09:41
修正するのはまずMIのタイヤでしょう
2004年もインディで走ってるMIタイヤなのだからデータはあるはずなのに、変なタイヤを持ち込んでくるその根性。。。
見上げたものです
仮にここでMIユーザーチームの案が通っていたなら、この先もタイヤだけでなく例えばホイールが不良だったとかでルール変更の案が出た時にまたルールを変える、変える、変える、の繰り返しだとルールはあってないものですよね?
そんな中でワールドチャンピオン取って嬉しいですか?
プロならルールに救われるのではなく、ルールの中で攻めて手にしないと「茶番」にしか映らないです
肉.フライ
2005/06/23 12:33
でも、10周できないタイヤじゃ去年までのルールでも走れませんよ。今回のミシュランのミスはレギュレーションの変更とは別のところだと思います。インディアナポリスの路面が変わったことにミシュランが対応できなかった可能性が高いのではないでしょうか。
ゆっけ
2005/06/23 13:25
>技術に限界はありません。そして限界があるなんて思ってるチーム即刻辞めるべきです

 参加企業に信頼を置くのは、良いことだと思います。
参加企業も、それに応えてしかるべしです、それでこそ、自由な開発が可能になります。
でも、貴方が一つ忘れていることがあります。
技術に限界は無いのかも知れませんが、開発の課程で、必ず失敗があるのです。
それを認めずして、開発はないんです。
これは、「走る実験室」では、特に宿命となって現れるでしょう。
 善意でやったって、1%もミスが許されないという結果は、やはり難しいことです。
セナを弔った一人
2005/06/23 14:00
 あらゆるシュエーションでの実走テスト規制を今年に限り解除するなり、1年間の準備期間を設けるなり、明瞭な強度基準を設けるなりの手続きが有ればわかります。
 難しいタイヤルールなのに、必要な手続きが全く見えない状態で出てきた事は、私たち(技術系の大学生仲間で観戦してます)には驚きで、しばしば話題になりました。
 首を傾げつつ(冗談ではGP破綻などと言いつつも)よほど確信、もしくは、最悪の際の対策があっての新ルールだろうと言うことになりました。人が死に、レースが出来なくなる、根幹中の根幹のパーツだからです。
単に頑丈にすることは、手法によっては別の弱点を抱えることでもありますし、可否は条件ごとにやってみないと分からないんです。
「300キロでぶっ飛ばすタイヤを現地テスト無しで・・・そんなことが可能なんだ、凄いわなあ・・・。」
セナを弔った一人
2005/06/23 14:02
決めたのは、94年以降、安全対策を言い続けるFIAです。
なにか強固な裏付けが有るに違いない・・・。

BARの違反の際の、ルールブックのずさんな手落ちぶりなどを見て、多少疑いが出ました。
そして、FIAが、危険だと騒ぎ出したとき、「おいおいおい。」と言う声が本当に出ていました。
なにか強固な確信技術があって、それが守られる事を前提に、こんな後がないタイヤルールを採用したんじゃなかったのかよ・・・。
 完全に失敗が明らかになった今回、ルールを採用してしまったFIAが、ただの物知らずに思えて仕方ないんです。
 平凡な私たちすら、冗談で言っていたような事を、考えても居なかったからああなってしまった。
 FIA自身の力によらない希望的予測が、開催の重大前提条件に入ってしまっていて、それが危なくなったのに、何もしなかった?

 レースが危険と言ったって、予想できる危険は、排除するなり、せめて出来る対策をするなり、注意を喚起するなりして、その上で覚悟するのが当然のことです。
 何となく、俺達は確かめてないけど大丈夫・・・で、参加者全員を突っ込ませて良い物じゃない。
セナを弔った一人
2005/06/23 14:07
ところで話は変わるが、バトンの移籍は確実になりそうだな。
バトンとの契約の一部にBARが2005年に一定のパフォーマンス目標
(シーズンの折り返し点までに選手権リーダーのポイント数に対して
一定の範囲内のポイントを得ていること)を達成できなければ
ウイリアムズへ移籍できるという条項が含まれているらしいからな。
バリチェロも移籍がウワサされているしな。
来年のF1はどうなるかわからんな。
BMWもザウバー買収するみたいだし。
今からストーブリーグが楽しみだな。
なんか掲示板化してきたな。
2005/06/23 14:20
 誤解の無いように追加します。
フェラーリの勝利は、文句のないものです。
(ただ、後半のあれがチームオーダーなら残念ですが。
 ミハイルは、たとえ今年チャンプになれなくても、出来れば強さを
 戻して欲しい、あの彼を破る者こそ、次のチャンプの正統性を最も
 持つと思っています。個人的思いとしてですが。
 もっと身勝手な願望を言うなら、去年のルールのままの彼を倒す者
 を待ちたかったです。
 FIAが小細工をしなくても、きっと偉大な戦いがあったろうにと思う
 んです。)
おなじく、ジョーダンも、ミナルディも、今回の勝者です。
本当に素晴らしい、なんの曇りもありません。
一方的に相手が失敗したんですから。
FIAとミシュランが妥協していたら、この結果には成らなかったでしょう。
ある意味では、あれが正しかったといえるのかも知れません。
もちろん、合って良いレースの姿ではなかったと思います。
 今回は既に、ある意味で正しい、の選択しかあり得ない状況に追い込まれていたんです。
セナを弔った一人
2005/06/23 14:23
 まともに、正当に行うにはどうすれば良かったか。
 やはり、今季開催前に、しっかりしたルールブックが欲しかった。
そうすればBARだって・・・。
最悪でも、危険と分かった時点でタイヤルールを、なんとか実効的な物にする修正(MIへの、早期の実測強度テストに基づく制裁。車検的タイヤ検。MIの技術で通過不可能なら、ルール改訂、全陣営のBSへの切り替えなど)が、どこかで行われるべきだったと思うのです。
 FIAが、しっかりしていれば・・・・
セナを弔った一人(すみません)
2005/06/23 14:26
>決めたのは、94年以降、安全対策を言い続けるFIAです。
>なにか強固な裏付けが有るに違いない・・・。
もちろん強固な裏付けがあります。なにしろこのルールをFIAに提案したのはF1にタイヤを供給する世界屈指のタイヤメーカーであるミシュランなのですから。
見て下さい。以下のデュパスキエの自信満々なコメントを。
http://www.michelin.co.jp/compet/f1/2005_01/preview3.htm

それはFIAは信用すると思いますよ。誰だってタイヤサプライヤーがそういうからには305kmを問題なく走りきれるタイヤを準備すると思うでしょう。
トビリシ
2005/06/23 14:46
右京さんの考えを聞きたい
http://www.nikkansports.com/ns/sports/motor/column/kawakita/kawakita-top.html
この意見に同意
2005/06/23 14:51
心の弱い荒らしがいるがF1は負けない

Jean Alesi
2005/06/23 18:39
なんか言っていることは最もな方が多いのですがそれ以前に、言葉使いが悪すぎるとような・・・・。私は気にしませんが。

神風はどこへさん

小河さんの事故は衝撃的でしたね。
確か前のマシンに重なってコントール不能に陥り、縁石がジャンプ台になってフェンスに激突したような・・・・・・。
小河さん以外にも横山崇さんや高橋徹さんなどが・・・・・・。

おやじの一人事でした。
o
2005/06/23 18:45
アメリカGP:レースを盛り上げるルール運用を! 片山右京 F1 Blog/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる