片山右京 F1 Blog

アクセスカウンタ

zoom RSS 【フランスGP】人間ドラマが始まる

<<   作成日時 : 2007/06/29 10:18   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 7

北米2連戦を終えて、夏のヨーロッパラウンドに突入する。
ここがシリーズタイトルを争う上での剣が峰。
ふるいにかけられるか?生き残るか?
ここで今シーズンの大きな流れがほぼ決まる。

また、気の早い話だけど、
この連戦中に来シーズンの体制についても
あちこちで交渉が進行し始める時期。
すでに交わした密約を具体化したり、
あるいは無効にされたりする時期。
それもこれも、これからの数戦の結果しだい。
誰もが、ここが正念場だね。

さて、ヨーロッパに戻ると何が起きるかと言うと、
ドライバーにとってみると
普段テストしていたり下位フォーミュラーで走った
サーキットに戻るということ。
ハミルトンは北米ラウンドで高い順応性を証明したわけだが、
先輩ドライバー達はマニクールを十分に走りこんでいる。

特にライコネン、アロンソの二人には
それぞれ若いチームメイトに負けて欲しくない。
F1グランプリで何勝もあげてきた二人には、
ハミルトンの勢いをここで一旦止めるだけの力があるはず。
でなきゃ、もう今年は「新人ではない新人」ハミルトンの
ワンサイドシーズンになってしまう。
その前にライコネンは、マッサに負けている場合じゃないけどね。

極端な話、仮にチームメイト同士でいがみ合ったって良いじゃない。
だって、F1ドライバーはエゴの塊。
チームメイトの勝利を心から喜ぶドライバーなんて
いるはずがないし、いたらそいつは失格だ。
だから、変に大人の対応をして欲しくないな。
表彰台では、お互いを称えあって欲しいけど、
レースでのかけひきやバトルは、エゴ丸出しであって欲しい。
過去にもセナとプロストのスタート時の約束は反故にされたし、
ピケとマンセルはコースの外でも舌戦を繰り広げた。

F1はヒューマンスポーツ。人間臭さが必要。
ドライバーは嫉妬もするし邪念も抱くし、落胆や動揺もする。
そして、それが垣間見える瞬間というのがある。
そこに、F1人間ドラマの面白さがあると思う。
このフランスGPから、いよいよ面白くなると期待している。

※ヒマラヤに行っているので、多分、テレビでレースは見られないです。
 しばらくは、結果だけ聞いて感じたことを書きます。
 
 

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(7件)

内 容 ニックネーム/日時
ハミルトンがひとこと、爆弾発言すれば、人間ドラマ、始まる気がしますが、超優等生ですからねえ。
uk
2007/06/29 12:06
ですよねえ。
最初は、ライコネンがかっこいいから応援してたって感じだったんですけど、今はそれプラスいろいろ・・・がんばってほしいなァ。
今シーズンのライコネンには、なんかイリイリするかなァ。
次で私のストレスを吹き飛ばして欲しい!!!
 ってかヒマラヤ行くんですね・・・
びっくりくりくりくりっくり
2007/06/29 14:13
今のF1ドライバーはやや人間味にかけるかなと思います。
個人的にはアロンソにもっと感情を出してハミルトンとバトルして欲しいです!!そこにヨーロッパラウンドに戻り復活したフェラーリも絡み、4強でチャンピオン争奪戦へ・・。

ナイジェルマンセルみたいにコース上ではセナとバトルしていたけど、リタイアしたら周回してきたセナに拍手することや、カナダGPで疑惑のエンジンスイッチオフ(自爆!?)など個性がとても強い方がたくさんいました。ゲルハルトベルガも強烈なキャラクターですよね。。セナへの数々の愛情表現!?

ロスト
2007/06/30 11:45
はじめまして
フェラーリの巻き交いしに期待!(^^)!
くぼちゃん
2007/06/30 13:10
あの セナvsプロスト時代の真っ最中、プロストは ダークなエゴイズムを、 セナやホンダに隠そうとしなかった。コース内でも その外でも。
人として醜い程だったけど、セナに勝たねばという 執念 むき出しでした。
アロンソが ハミルトンに連敗したこの状況で、どういう本性を向き出しにして来るのでしょうか。ヨーロッパ連戦が彼の正念場ですね。 案外ハミルトンが アロンソを 歴史に残るグレートドライバーに してくれるのかもしれません。
青空
2007/07/01 03:47
アロンソがシューMを追い詰めたとき、シューMが強すぎて、もうこないのでは?とまで感じてた後進が実力で引導を渡すF1の繰り返される歴史を感じました。”凄い奴が現れたな・・でもアロンソもいつかまた歴史の波には勝てない時期が来るんだろうな”と思っていたら何と何と!シューM引退の翌年で、まだ序盤戦ではありますが、まさかのまさかでルーキーにリードを許すなんて・・それも同じチームで、マシンのパフォーマンスが同じだけあって残酷。アロンソ!ルノー時代の黙々と迫ってくる沈着冷静な凄み強みのオーラーを再び出して今シーズンを面白くして!今、再びF1面白くなってきましたね♪
ぼーちゃん
2007/07/01 11:08
今年のマクラーレンのように同じくらいの速さを持ったドライバーが二人いると、メディアも騒ぎたがりますね。
中盤戦のフェルナンドには運がない。ここが正念場でしょう。
逆にここまでトラブルフリーのルイスもいつか困難に直面することがあるでしょうから、そこが真価が見えるときでしょうか。
アダム
2007/07/02 19:58
【フランスGP】人間ドラマが始まる 片山右京 F1 Blog/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる