片山右京 F1 Blog

アクセスカウンタ

zoom RSS 【ハンガリーGP】拮抗してきたね

<<   作成日時 : 2007/08/11 10:30   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

ハミルトンの連勝後、ライコネンが2つ勝ち、
さらにアロンソが勝って迎えたハンガリーGP。
ハミルトンがライコネンの追撃から踏ん張って勝ち、
ポイントリーダーの座を守った。

僕がガッシャブルム遠征に行っている間に、
いよいよ、タイトル争いが熱くなってきたね。

とくにライコネンのスピードは、
ここにきて尻上がりにあがってきていて、
今回もピットインの作戦しだいでは
ハミルトンの前でゴールしていたかもしれない。
勝てなかった最大のポイントは、1回目のピットイン。
あそこは、同じタイミングではないと思うな。
抜きにくいコースだから、
フューエルエフェクトを考慮しても、
一旦前に出てしまうべきだったと思う。
とくに、第2スティントでライコネンが
速かったことを考えると、もったいなかった。
まあ、結果論なんだけどね・・・。

あそこで、勝負が決まってしまったね。

それにしても、残念なのはアロンソ。
なんであれがペナルティなのか、
まったくもって理解に苦しむところだ。
単純にアロンソはチームの指示に従っただけ。
あれでアロンソがぺナルティなのは納得がいかない。
本来は3人が終始トップ争いをする
レースになるはずだったのに、とても残念だ。

結果は4位だったが、アロンソのペースも速い。
本人も「タイヤへの理解度は100%」と
コメントしているが、実際にスピードが出て来た。
また、絶対的エースだったルノー時代とは違って、
強烈なライバル意識を剥き出しにするようになった。
2年連続王者が、この先、
どういう引き出しを開けてタイトルを争うか、
ハミルトンを退けるかが興味あるところだ。
そのこともあって、マクラーレンは緊張感が漂うね。

上位ドライバー、フェラーリとマクラーレンの力は
極めて拮抗している。
タイトル争いが進むにつれて、
さらにボルテージアップするはず。
これは、面白くなってきましたよ。

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
【ハンガリーGP】拮抗してきたね 片山右京 F1 Blog/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる