片山右京 F1 Blog

アクセスカウンタ

zoom RSS 【トルコGP】高まった緊迫感

<<   作成日時 : 2007/08/31 12:29   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 5

チャンピオンシップの行方を考えたとき、
ハミルトンの前で他の3人がゴールしたのは、
なかなか面白い結果だね。
なんか最近、「こうなったら面白いな。」と思ったり、
書いたことが実際に起こって、俺は預言者か?

冗談はさておき・・・。
やはり、決まったときのマッサは速い。
途中、ライコネンが背後に迫った時は脆さが出るかと思ったが、
さすがにトルコのコースは、去年も勝っているだけはあるね。
相性も良いかもしれないが、精神的な部分かな。

それにしても、あのバトルは、
二人のチーム内主導権争いのようだったね。
最後にライコネンがクイックラップを決めたのも、
「本当に速いのは自分だ。」というアピールだろう。

ところで、アロンソのドライビングに変化が見える。
去年までの、コーナリング開始前にブレーキングを完了し、
ややスリップ角を大きく与えて
タイヤのグリップを引き出す方法から
少し丁寧に切り込むスタイルに変えてきている。
BSタイヤはスリップ角を与えるよりも、
縦方向の荷重移動で暖めるタイヤだからね。
そういうことへの習熟だろう。
今回、ハミルトンのトラブル絡みだったが、
3位表彰台でポイント差を詰めたことでもあるし、
精神的にはアロンソは上向きじゃないかな?
何だかんだ言いながら、着実にハミルトンとの
ポイント差を詰めて射程距離内だからね。

逆にハミルトンは、これから先が正念場。
精神的に追い込まれた時に、若さからくる脆さが出るかも。

ここから先は、ミスをしたら負け。
アロンソとハミルトンは、相手より前でゴールすること。
ライコネンとマッサは、勝利を重ねることが必須だ。
取りこぼしたら、タイトル争いから脱落。
緊迫感の高いシーズンになってきたね。



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い

コメント(5件)

内 容 ニックネーム/日時
不謹慎ながらも、「おもしろくなってきた」
という表現がぴったりですね。
これからはフェラーリのワンサイドになるかと思ったけど、スピードの違いはほとんどなくて緊張感あります。

…なるほどアロンソのドライビングスタイルがよくわかりました。
精神的にプレッシャー感じながらもベストなスタイルを模索していたんですね。スペインの報道にもありましたが、ハミの空気が抜けてアロンソは深呼吸できた、というところでしょうか。

それよりSアグリの資金難が心配です。2人売却候補がいるみたいですけど、なんとかならないんでしょうか…??
ころすけ
2007/08/31 12:51
それにしてもハミルトン、運がいいですね。
タイヤがバーストして、運がいいもないけれど、ピット手前でロスタイムも少なくて…。流れはまだまだハミルトンの様な気がします。


uk
2007/09/01 21:31
コーナーの先の先をストレートエンドですでに攻略している…。
右京さんは預言者じゃないでしょうか?

でなければ、カートなどの経験ナシでF1まで登り詰められなかったような…。

シーズンも面白くなってきました。
右京さんの裏話、解説、預言を楽しみにしています。
いよっ
2007/09/01 21:33
番組中での右京さんの解説が大好きです。F1をリアルに知っている人のコメントで、レースがもっと面白くなります。・・・でも最近出演されてませんよね?ぜひぜひもっとたくさん出てほしいです!!
早苗 社長
2007/09/02 08:42
日本のチームなんだから、
もっと日本人が応援しなきゃ。
スーパーアグリに支援を!
2007/09/02 22:56
【トルコGP】高まった緊迫感 片山右京 F1 Blog/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる