日本の夢

SAF1の撤退。 状況が厳しいことは分かってはいたが、 まさか本当にこの日が来るとは思っていなかった。 亜久里さんが参戦発表を行う前に 「右京もやるか?F1もGTもチーム監督もF1解説も、  ぜ~んぶ俺の後からついてきてるからな!」 と笑いながら言っていたのが、昨日のことのようだ。 ”日本の夢” 日本に拘るこ…
トラックバック:5
コメント:63

続きを読むread more

【マレーシアGP】日本から亜久里さんを応援しよう

ライコネンの勝利はまさにチャンピオンレースだった。 開幕戦は、チャンピオンらしからぬミス連発だったが、 セパンでは王者らしいレースだった。 勝負の分岐点は大きく2つ。 ひとつ目は1回目のピットイン前のスパート。 ふたつ目はその後のタイヤとの付き合い方だ。 ライコネンに先行されて焦ったマッサは、ブレーキングで無理をした。 …
トラックバック:1
コメント:36

続きを読むread more

【マレーシアGP】高い気温が鍵をにぎる

月曜日の夜に、メルボルンからクアラルンプールに到着。 まさにGPサーカス(ちょっと古い表現?)という言葉どおり、 ツアー状態だ。 さて、オーストラリアに続く開幕2戦目は、熱帯マレーシア。 インターバルが短いこともあって、 各チームのマシンはそれほどアップデートされない。 されたとしても、事前に予定されていたもので …
トラックバック:1
コメント:9

続きを読むread more

【オーストラリアGP】祝・中嶋選手6位

開幕戦オーストラリアGPは、 チェッカーを受けたのが6台というサバイバルレースだった。 もともと開幕戦は荒れたレースになりやすいのだが、 チェッカーを受けないドライバーがポイント獲得 というレースは最近珍しいね。 チェッカーを見ないでポイントを獲得したひとりに 昨年の王者ライコネンがいたことには、正直驚いた。 テストで…
トラックバック:1
コメント:8

続きを読むread more

【オーストラリアGP】いよいよ開幕

開幕戦オーストラリアGPが目の前だ。 真新しいレーシングスーツ、ニューマシン、 そして毎年おなじみの顔や新しいメンバーが オーストラリアのパドックを賑わす。 開幕戦は、新学期が始まるようなワクワク感で一杯だ。 今シーズンはECU(エンジンコントロールユニット) が標準化された上に、ドライバーを支援する TCS(トラクシ…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

【07総括】これは序章にすぎない

ライコネンが念願のタイトルを手中におさめた07シーズン。 今年のF1は、近年まれに見る接戦かつ 話題の多いシーズンだった。 ひとことで言うと、まるで少年マンガみたいな 劇的シーズンだったという印象。 最終戦での逆転チャンプ、驚異のルーキー登場、 ルーキーと前年王者の確執、そしてそのルーキーと前年王者が 同ポイントでシーズン…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

【ブラジルGP】大逆転はスポーツの醍醐味

ちょっと忙しくて間があいたけど、最終戦のブラジルGP。 「歴史は繰り返された。」というのがまず第一印象。 F1の歴史で、接戦の最終戦で逆転王座というパターンは これまでも何度もあったこと。 今回もライコネンの大逆転だった。 テレビでマンガのような展開と言ってしまったとおり、 本当にドラマティック。 ライコネンがマッ…
トラックバック:5
コメント:11

続きを読むread more

最終決戦ブラジル

三つ巴のタイトル争いが最終戦までもつれ込むなんて、 いつまで遡るのだろうか? 86年のプロスト・ピケ・マンセル? そう考えると、僕らは久々にエキサイティングな タイトル争いの結末を見ることになるかも。 計算上は、やはりハミルトンが最有力。(当たり前か) これまで参戦してきたカテゴリーで、 十分にタイトル争いの経験も積ん…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

再び三つ巴、ハミルトンに試練

日本GPの勝利で、 ハミルトンが圧倒的有利となったはずのタイトル争い。 それがわずか1週間後の中国GPで、 再び三つ巴の混戦に戻った。 誰かが筋書きを書いたわけではないが、 1戦ごとに戦況が変化する今年のF1は、 本当に息詰まる展開だね。本当に面白い。 僕が現場で見ていて思うのは、 3人ともとても落ち着いていること。…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

【上海GP】予選が大事 あと富士のこと

アジア連戦。次は上海GPだ。 このコースもティルケデザインのコースで抜きどころが多く、 エキサイティングなレースが期待できるね。 見どころは、やはりアロンソとライコネン。 この二人が最後のふんばりを見せて、 奇跡を起こせるかどうかだ。 というか、ここで奇跡を起こさなきゃ、 もうハミルトンがタイトルを決めてしまうでしょ。…
トラックバック:1
コメント:11

続きを読むread more

雨の富士で見たF1ドライバーの凄さ

完璧なる新人ハミルトンの凄さを見たね。 初めてのコース、そして雨、ライバルのトラブル、 さらに自身に降りかかる接触アクシデントを乗り越え、 タイトルに大きく近づく勝利を掴んだ。 速く、強く、流れを引き寄せる力も十分あり、 さらにチームの寵愛を集める若者が、 最年少ルーキー王者になる可能性は極めて高い。 一方のアロンソも…
トラックバック:0
コメント:29

続きを読むread more

さあ明日が楽しみだ

やっぱり、富士は雨と霧。 初めてのコースにも関わらず、 ウェットコンディションでも あれだけのタイムアタックをする F1ドライバーの凄さを見てもらえたと思う。 がめつくアクセルを開けることで、 タイヤを暖めてグリップを引き出した者の勝ち。 限界内をキープして走ろうとすると、 タイヤはグリップダウンして 負の…
トラックバック:1
コメント:7

続きを読むread more

日本GP始まったね

始まったね。 富士山とF1が見事なコントラスト。 そして、グランドスタンドの大屋根に響く エキゾーストノート。 富士に30年ぶりにF1が戻ってきた。 予想通り4強がしのぎを削るフリー走行だった。 今のところ互角だ。 マッサはライコネンのサポートに回るらしいが、 マクラーレンの二人は緊張感がみなぎっている。 一触即発…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

富士では日の丸を

いよいよ、富士スピードウェイでの日本GPだ。 30年ぶりにF1マシンが富士の高速コースで レースをするかと思うと、なんかわくわくする。 余談だけど、30年前と言えば僕は中学生だったね。 さて、残り3戦となった今シーズンの終盤、 しかもタイトル争い大詰めで日本GPとなるわけだが、 ここで絶対に勝たなくちゃいけないのは、 …
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

いよいよ本物のタイトル争いだ

何度も書いてきたことだけど、タイトル争いは精神戦だ。 F1のトップチームで走るドライバーは、 純粋に速いのは当たり前。 チームとのコミュニケーションだとか、 流れを引き寄せる空気みたいなものや、 精神的なタフネスが最終的に結果を決める。 今回のベルギーGPは、 4人のドライバーがタイトルをかけて まさに死力を尽くした…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

伝統のスパだ

イタリアGP後、そのままヨーロッパに残っている。 連戦だからね。 スパフランコルシャンも、モンツァに続いて 高速型でクラシックなコース。 ティルケデザインの新しいコースも良いけど、 やっぱりドライバーのチャレンジ精神や F1の歴史を感じるのはクラシックコースだね。 このスパで有名なのは、やっぱりオー・ルージュ。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【イタリアGP】力を振り絞ったライコネン

モンツァの高速バトルを制したのはマクラーレンのアロンソ。 まったくもって、落ち着き払ったレース運びだったね ピットインでも、アロンソの落ち着いた動きは印象的だった。 急ブレーキを踏んで、ペナルティのリスクを冒しても 千分の1秒も無駄にしたくないハミルトン。 わずかなリードであっても、きっちりと減速して 慌てずにピットイン…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

いよいよモンツァだね

モンツァと言えば、迷わずフェラーリだ。 たとえ他チームではあっても、 レースの勝敗は別としてフェラーリへの 敬意を持ってのぞむグランプリだ。 真っ赤に染まったスタンドに、ドイツ国旗がはためくのが、 去年までのモンツァ。 今年は、フィンランド国旗?それともブラジル国旗? どうも、そこが見えてきていないのが、 今のフェラーリ…
トラックバック:2
コメント:12

続きを読むread more

【トルコGP】高まった緊迫感

チャンピオンシップの行方を考えたとき、 ハミルトンの前で他の3人がゴールしたのは、 なかなか面白い結果だね。 なんか最近、「こうなったら面白いな。」と思ったり、 書いたことが実際に起こって、俺は預言者か? 冗談はさておき・・・。 やはり、決まったときのマッサは速い。 途中、ライコネンが背後に迫った時は脆さが出るかと思っ…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

後半戦開幕

トルコのコースは、 バランスの取れたリズミカルなコースで ドライバー達からの評判も良いのだが、 実は落とし穴がある。 なんと、クリッピングポイントがなかなか ドライバーの視界に入ってこないコースなのだ。 そうなってくると、ドライバーは身体の中のリズムと まるでコースを俯瞰しているかのようなイマジネーションで レースを闘わ…
トラックバック:0
コメント:14

続きを読むread more