日本GP:今季最高のレース

日本GPは、今シーズンの中でも
最高に面白いレースだったと言って良いだろう。
ドライバーズタイトル決定後ではあったが、
コンストラクターズタイトルを争って本気勝負のレースが展開。
F1に、消化レースなど存在しないのだ。

それにしても、抜きにくいと言われる鈴鹿で、
F1ドライバー達はたくさんのバトルを見せてくれた。
優勝を争ったドライバーは、ライコネン、フィジケラ、ラルフの3人。
さらに、アロンソやバトンにも、展開しだいでチャンスはあった。
そして、ミハエルもレースを大きく盛り上げたと言える。
彼らのバトルをサーキット観戦した皆さんは、度肝を抜かれたはずだ。
テレビでご覧の方も、彼らのバトルは十分に楽しめただろう。

もちろん、ライコネンとアロンソのパッシングシーンも巣晴らしかったが、
僕はミハエルの走りに、角張った若さには無い円熟を感じた。
マシンは明らかに劣勢。1コーナーや130Rを始めとする主要な
コーナーで、明らかにアンダーステア。トラクションも不足。

にも関わらず、パッシングポイントの1コーナーでは、
手前からイン側のラインをキープして、ライコネンやアロンソの壁となった。
通常は不可能なラインだが、皇帝ミハエルはコースアウトすることなく、
別格のマシンコントロール能力で、バトルを見せてくれた。
結果的に屈辱的なシーンが画面に映し出されたが、
仮に同じ道具ならば、まだまだ若い二人に負けないだろう。

その若い二人だが、やはり才能も勢いもほとばしっている。
ドライバーズタイトル争いという重しが無くなった今回のレースで、
非日常的なまでの豪快なパッシングシーンを見せ付けてくれた。

さて、日本勢に話を移すと、本当にトヨタは勝利に手が届く位置にいた。
モントーヤのクラッシュのSCで全てが台無しになったが、予定通りならば、
ラルフは、優勝は無理だったとしても表彰台に登れたはず。
後続を少しずつ引き離していたところで、SCが入ったのは痛かった。
ヤルノについて言えば、流れが無かったということだ。
コンストラクターズで、フェラーリに破れはしたが、
去年の鈴鹿と比べてみても、トヨタの飛躍を感じたファンが多かっただろう。

そして、バトンも惜しい。
給油時間が長かったので、1ストップだったと思ったのだが、
実際には2ストップ。あの瞬間、「ああ~」と思った人も多いのでは?
給油口のトラブルということで、本当に残念なトラブルだ。

さらに、琢磨。サーキット全体が彼の応援団と化した鈴鹿で、
今年は上手くいかなかった。まさに、今シーズンを象徴するレースが、
琢磨にもあてはまったと言える。
次回、上海GPでは、来季へつながる良い終わり方をして欲しい。

※近々、F1ドライバーに提供してもらったレーシングスーツや
 グローブをチャリティオークションします。
 ぜひ、皆さん入札してください。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)