バーレンGP 新旧対決

誰もが同じ感想を持ったと思うが、
新旧王者が真っ向対決したバーレーンGPだった。

そして、この二人の対決は、見ごたえがあると同時に、
ひじょうに分かりやすい展開だった。
残り18周でのサイド・バイ・サイドをピークとする、
2回目のピットンをはさんだ攻防。
両者ともに、鼻の差をかけての全力疾走だった。
そして、残り5周での接近戦も同様。手に汗を握った。

タラレバの話をすれば、
1周目にマッサがもう少しアロンソを抑え続けていれば、
ミハエルの勝利があったかもしれない。
ただ、それはあくまで要因のひとつ。
ミハエルが記者会見で言ったように、予選で1周分の燃料を
ロスしたことも、勝負の分かれ目だったろう。
逆の立場のアロンソにしてみれば、
目の前をスピン状態のマッサが横切ったのはロスだったろうし、
それぞれに計算外があるもの。

そういう中で、ふたりが僅差のレースを展開したのは、
何とも感動的だった。

ともあれ、速いフェラーリが復活したのは明らか。
ミハエルの表情やしぐさも、昨シーズンと全く違って見える。
今年のミハエルには速さと強さが戻ってきた。
今シーズンこそ、アロンソがミハエルに挑戦を挑む
本当の年
になるかもしれないと感じた。

  --------------◇---------------

さて、日本勢はどうだったか。
残念ながら、トヨタは不発だった。原因はよく分からないが、
まだBSタイヤとのマッチングに難があるのかも。
ミシュランとBSでは、荷重がかかったときのタイヤの
動き方が異なるようだからね。

ホンダはあと一歩及ばなかったが、一昨年のポジションに
戻ってきた印象を受けた。途中、バトンがモントーヤを
抜いたシーンを見ても、エンジンパワーがありそうだ。
とは言え、現時点でホンダが勝つとすれば、
フェラーリ、ルノー、マクラーレンがこけたときになる。
でも、その差は大きくないから、チャンスはあるはずだ。

スーパーアグリは、レースとしてはまさにドタバタだったが、
初戦で琢磨が完走したのは嬉しい。
完走しなきゃ、データも得られないし、
スタッフのモチベーションも盛り上がらない。
F1未経験者がほとんどのチームにあって、
完走した琢磨は、重要な仕事をこなした。
井出選手は、少しF1に飲まれた感じもしたが、
夏ころまでには落ち着いたレースができると思う。

まずは、2台揃ってグリッドに並んだことで、成功。
それは奇跡ではなく、本当に頑張った結果だ。
たしかに、リザルト表には、琢磨の18位と井出選手のリタイヤという
結果しか残らない。でも、僕らはドラマを知っている。
次も頑張れ!!

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)