【ブラジルGP】大逆転はスポーツの醍醐味


ちょっと忙しくて間があいたけど、最終戦のブラジルGP。
「歴史は繰り返された。」というのがまず第一印象。
F1の歴史で、接戦の最終戦で逆転王座というパターンは
これまでも何度もあったこと。
今回もライコネンの大逆転だった。

テレビでマンガのような展開と言ってしまったとおり、
本当にドラマティック。
ライコネンがマッサの前に出た瞬間は鳥肌が立ったよね。
あの瞬間、奇跡の大逆転が起きることを予感した
人も多かったでしょ。

タイトルを奪取する男というのは、ああいうもの。
一生のうちに何度も無いチャンスというか、
めぐり合わせを自分に引き寄せるんだ。
王座を獲得する者とそうでない者には、
僅差なんだけど決定的違いがあるというのを
見せ付けられた。

そういう意味で神様は、
本当によくこのドラマを作ってくれた。

これまでピカ一の才能を見せ、
各国のジャーナリストや関係者からも極めて高い評価を
得ていたライコネンが、やっと相応しい結果を掴んだ。
今季最多の6勝をあげた彼がチャンピオンになったのは、
正しいことだと思う
これはもう、素直におめでとうと言いたい。

ハミルトンは、スタート直後に尽きるね。
ピシャリとライコネンに行く手を阻まれ、
そこを見ていたアロンソに並ばれた瞬間、心の動揺が見えた。
しかし、あれだけの状況で動揺しないわけがない。
ルーキーのルーキーらしいところを、今シーズン初めて見た。
まあ、完全無欠のルーキーではなかったということだね。
ただ、これで苦い思いをしたわけだから、
悔しさをばねに来シーズンはいよいよ強くなるだろう。

日本勢に関して言えば、まず中嶋選手。
FTRSの卒業生から最初のF1ドライバーとして、
プレッシャーもあっただろうけど、及第点のデビューレース。
ニコと比べても遜色ない速さだったと思う。
ただ、予選での一発、
すなわち新品タイヤを使い切ることができなかったのは課題だ。

トヨタとホンダは、まさに今シーズンを象徴していた。
ヤルノが1ポイント獲得したが、
ヤルノのパフォーマンスで予選で上位でも
それ以上は行けないといういつもの結果だ。
トヨタやホンダは、こんなところを走っていてはいけない。
来シーズンは、もっと頑張って欲しい。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 22

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた
面白い 面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
かわいい かわいい