【オーストラリアGP】いよいよ開幕

開幕戦オーストラリアGPが目の前だ。
真新しいレーシングスーツ、ニューマシン、
そして毎年おなじみの顔や新しいメンバーが
オーストラリアのパドックを賑わす。
開幕戦は、新学期が始まるようなワクワク感で一杯だ。

今シーズンはECU(エンジンコントロールユニット)
が標準化された上に、ドライバーを支援する
TCS(トラクションコントロールシステム)が禁止された。
このTCS禁止は、これまでのドライバーの
順列に大きく影響しそうだ。

よく言われている話だけど、
お尻のセンサーとアクセルワーク、手のひらが
直結しているドライバーが速さを発揮するだろう。

例えば、一番顕著な例はライコネン。
ライコネンは、元々バランス感覚に優れ、
コーナリング中に横方向のGをマシンにかける時間が短い。
すなわち、タイヤのトラクションを最大限活かす
ドライビングをしているということ。
こういうドライバーは速い。事実、テストでは好調だった。
同じチームのマッサは、やや荒削りなドライビング
(それが彼の魅力でもあるが)の結果、
今のところライコネンに遅れをとっている。
去年は、ライコネンと互角以上の速さだったのにだ。
これは、二人のドライビングスタイルによる違いだ。

TCSが禁止されたことは、
タイヤマネジメントにも大きく影響すると思う。
F1ドライバーともなると、
前後のタイヤの温度バランスを走りながら自分で調整できる。
でも、何周かしてグリップダウンしたタイヤに関しては、
どんなに頑張っても、そのタイヤと付き合うしかない。
いかにタイヤを無駄に使わないか、あるいは
いかにタイヤをバランス良く使うかが、
レースの勝敗を分けるだろうね。

にしても、習熟の早いF1ドライバー達だから、
シーズン中盤以降になるとその差が小さくなるだろうね。
去年、BSタイヤに苦戦したアロンソが、
中盤以降は速さを取り戻したようにね。

あと、日本勢で言うと、注目はなんと言っても
中嶋選手だよね。
評価の高いニコを相手にどこまで成長するか?
僕は彼の成長に期待している。

ああ、もう開幕目前!!楽しみだ。



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 9

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス