新時代元年

いよいよ、F1新時代元年とでも言うべき 07シーズンの開幕だ。 セナ亡き後、常にF1の中心に居続けた 皇帝ミハエル不在のシーズンだ。 しかも、トップ御三家は全てエースが変わったからね。 期待を込めて言うならば、毎レースが混戦で、 タイトル争いもマッチレースではなく、 少なくとも3人以上の争いになるような予感がする。 …

続きを読むread more

06シーズンを振り返って

今シーズンは、 F1にとって歴史の1ページがめくられたシーズンだった。 それはとりもなおさずミハエルの引退であり、 新王者アロンソの連覇、 さらにその次の世代であるクビカなどの新しい息吹のことだ。 個人的には、同輩だったミハエルの引退という出来事に 感傷的にもなったりした。あと、「あれ?俺ってミハエルの こと好きだったんだ…

続きを読むread more

【ブラジルGP】遅ればせながら

マナスルから戻って、やっとブラジルGPを見た。 ミハエルの引退レースであり、今シーズンのタイトル決定戦。 奇しくも、セナの故郷インテルラゴスで、 ミハエルとアロンソが最後の決戦をするというめぐり合わせ。 そんなことを思いながら、録画を見た。 さて、ひとことで言うと 「ミハエルの引退に、セナは優しくなかったなぁ~。」 …

続きを読むread more

ブラジルGP:ラストバトルが見たい

いよいよ、今シーズンの最終戦。 そして、タイトル決定戦であり、 ミハエルのラストランとなるブラジルGPだ。 ついでに、ミシュランタイヤもラストだ。 数字的には、絶対的にアロンソ有利。 なにしろ、8位以内に入れば良いのだからね。 完走すれば、ほぼ間違いなくアロンソのタイトルだろう。 ただ、レースは何が起きるか分からな…

続きを読むread more

鈴鹿:王者交代

ベースキャンプではネット使えるんだよね。 便利なんだけど、山でも仕事しなくちゃいけない。(涙) さて、鈴鹿のレースだけど、 フェラーリがエンジンブローとはね・・・。 ミハエルには、勝たなくても格好良く決めて欲しかったし、 歴史的なレースの決着としては、 アロンソとミハエルの真っ向勝負を見たかったのに・・。 エンジンブロ…

続きを読むread more

鈴鹿!

まるで神様が仕組んだシナリオだね。 20年目で一区切りをつける鈴鹿で、 同ポイントで並んだ二人のチャンピオンが 今年のタイトルをかけて闘うのだからね。 残り2レースでシーズンが振り出しに 戻ったようなのもの。 勝ち星でミハエル有利だが、ザドンデス状態だね。 一瞬でもミスした方が、あるいは少しでも弱みを 見せた方がやら…

続きを読むread more

中国GP:鈴鹿へ向けて最高のお膳立て

ついに、ミハエルがチャンピオンシップを リードする立場になった。 ポイント数では同じだが、勝利数でアロンソを上回った。 泣いても笑っても残り2戦。 ミハエルも残り2戦。 熾烈かつ歴史的なタイトル争いになってきた。 いよいよ、鈴鹿がクライマックスになりそうだね。 それにしても、今回は難しいコンディションだったよね。 予…

続きを読むread more

タイトルをかけた連戦スタート

アロンソ,ミハエルが2ポイント差で迎える中国GPは、 日本GP(鈴鹿)との連戦になる。 おそらく、タイトル争いの決着は鈴鹿だと思うが、 中国GPでほぼ両者の勝敗が見えてくるだろうね。 というのは、ヨーロッパから遠く離れたアウェー戦で、 アップデートに必要な物資供給の時間的余裕が無く、 各チームは中国と鈴鹿を ほぼ同じパ…

続きを読むread more

格好良すぎだよ!ミハエル:イタリアGP

ミハエルが勝つのか? そしてアロンソはどこまで追い上げるのか? 手に汗を握って、テレビを見つめた方々も きっとたくさんいたでしょう。 これが数年前だったら、 「ああ、きっとミハエルが勝つな。」 とテレビのスイッチを切ってしまう人もいたと思うけど、 今のミハエルはそこまでパーフェクトではないからね。 でも、最初のタイヤ…

続きを読むread more

いよいよモンツァだ

いよいよモンツァだね。 なぜ、いよいよかと言うと、 まずフェラーリが来季体制をレース後に発表する。 ここにミハエルの名前があるのか無いのか? ライコネンの名前があるのか無いのか? 興味はつきないが、 それもレース結果で左右されるかもしれない。 いずれにせよ、アロンソVSミハエル。 どちらがより多くのポイントを獲得する…

続きを読むread more

トルコGP:ミハエルのふんばり

グリッドを見たとき、誰でも考えたと思うが フェラーリに有利なフォーメーションだったよね。 マッサが前に出ても、ミハエルが前に出ても 後ろにアロンソを従えている限りは、 色々な作戦がとれるはずだった。 そして、全てが順調であれば、 ミハエルはここでアロンソとの差を 6ポイント差に詰めることができたんだよね。 でも、実際…

続きを読むread more

決戦トルコGP

今回で2回目になるトルコGP。 パッシングポイントが多く、ドライバーにとっても ファンにとっても面白いコースだ。 さて、前戦のハンガリーは番狂わせ的なレースだったが、 さすがに2レース続いて トップが総崩れすることはないよね。 そう考えると、やはりアロンソとミハエルの タイトル争いに焦点がしぼられ、 そこに両チームの…

続きを読むread more

ハンガリーGP:おめでとうバトン

ハンガリーGPは、 ホンダが記念すべき第三期初勝利を飾り、 「君が代」がF1の表彰式で流れるという 感動的なレースだった。 そして、多分いつも準備してたんだろうな。 表彰台の下で喜ぶスタッフ達が、日の丸を広げたじゃない。 いつもはふてぶてしい感じの中本さんも、涙ぐんでいた。 あの瞬間が来ることを胸に秘めて、 チームやドラ…

続きを読むread more

君が代が流れた

表彰台で君が代が流れたよ。 ついに、ついに・・。 涙が出たよ。 ハンガリー展望でも書いたように、 上位陣がつぶれたときは、 ミスをつぶせば勝てる位置に出られる。 ミスなく、変わるコンディションに対応し、 マクラーレンを抜いて前に出たのは 日本のホンダだった! おめでとう!ジェンソン! おめでとう!ホンダ! …

続きを読むread more

ハンガリーGP:負けられないアロンソ

ハンガリーGPが行われるハンガロリンクは、 曲がりくねってダスティなミッキーマウスコース。 どっちかと言うと、僕的には好きな方ではないかな。 さて、そのハンガリーGP。 ドイツGPでハットトリックを決めて 意気あがるミハエルとしては、ここで一気に詰め寄りたいところ。 対するアロンソは、絶対に負けられないレースになってしま…

続きを読むread more

タイヤが鍵だったドイツGP

鮮やかなハットトリックだった。 終始マッサを後方に従えたそのワンツーは、 久々に見る、フェラーリらしい美しい勝利だったね。 ライコネンに先行されてもあわてず、 最後はクールダウンしてワン・ツー。 若い頃とはまた違った、37歳ミハエルの皇帝らしいレースだった。 しかも、この勝利でミハエルとアロンソのポイント差が 一気に1…

続きを読むread more

ミハエル地元戦:ドイツGP

ルノーのホームGPの次は、ミハエルの地元ドイツでのGPだ。 BSがMIをキャッチアップし、 調子の上がるフェラーリ+ミハエルは 当然のことながらハットトリックを狙っている。 ここで勝つことは、ポイント差が詰まるということ以上に、 タイトル争いにおいてアロンソを精神的に追い込む ことなるからね。 逆にアロンソは、ミハ…

続きを読むread more

【フランスGP】イタリアの勝利!

イタリアvsフランスの決戦は、 まるでサッカーのワールドカップのように イタリアの勝利だった。 市中のバルは、さぞかし盛り上がったことだろうな。 さて、今回のグランプリを振り返る前に、 大前提としてマニクールがタイヤに厳しいサーキット であることをあげておかなくちゃいけない。 そして、今回の結果やレース展開か言えること…

続きを読むread more

フランスvsイタリアだな

モントーヤ引退。 フランスGPを前に、驚くべきニュースが飛び込んだ。 スペシャルなものを感じるドライバーのひとりだったし、 精神的優位に立った時の強さが際立つドライバー。 ただ、マクラーレンに加入してからは、 ライコネンの存在がプレッシャーとなり、 昨年のテニス怪我事件以降ツキにも見放されて、 安定感に欠けてしまっていたの…

続きを読むread more