片山右京 F1 Blog

アクセスカウンタ

zoom RSS 【オーストラリアGP】本命勝利とアロンソのタフさ

<<   作成日時 : 2007/03/22 13:52   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

まさに本命が勝ったと言えるレースだった。
アイスマンと呼ばれるライコネンにしては珍しく、
両手を上げて喜びをあらわにした。
新しいチームの初戦での勝利だからね。その喜びは大きい。

対するマクラーレンのアロンソは、
冷静なレース展開をして2位を確保。
スタートでチームメイトに先行を許したが、
無理せず2度目のピットインで逆転。
普通ならば、ルーキーのチームメイトに先行を許したら
カッとなるはずなのだが、アロンソのハートは実にタフだ。
インタビューでハミルトンの後ろを走ったことを聞かれても、
その太い眉を全く動かさなかった。
アロンソの目は、タイトルしか見ていないようだ。
さすが、ミハエルと闘って
タイトルを2度獲得したドライバーだ。

おそらく、今回のライコネンとの差はBSタイヤへの
チームやアロンソ本人の慣れが結果になっていると思う。
ミシュランよりスリップアングルが小さいBSタイヤには、
ちょっとした慣れが必要だからね。
タイヤのスリップアングルの違いは、ステアリングの切り方や
アクセルの開け方に影響するんだ。
特にアロンソはスパッとステアリングを切る傾向がある。
そのドライビングスタイルとBSタイヤの折り合いをどうつけるか?
ここがポイントかな。

同じことがルノーにも言えるかな。
でも、その差はすぐにキャッチアップされて
混戦になるはずだ。

それにしても、ハミルトンはとんでもない新人だ。
F1のスター達に対して、臆する様子は微塵も無かった。
ルーキーだから、後ろからチャンピオンが来れば
ミスだってするでしょ。それがノーミス。
そして、3位表彰台。タフな新人が出てきた。

コバライネンは、今回は不発。
でも、タイヤへの習熟が進めば、躍進してくるはず。

日本勢に関して言うと、
まず、トヨタが予選でトップ10に2台残ったのと、
ポイントを獲得したのが嬉しかったね。
テストの様子から不安を感じていたんだけど、
開幕でこの結果ならば悪くない。
ホンダは今ひとつの調子だったが、ついにあのカラーリングが
テレビを通じて世界に発信されたのは素晴らしいことだ。
個人的に、大喝采を送りたい。
そして、もっと凄いのはSAF1!
予選の第3ピリオドに琢磨が残った瞬間、ちょっと泣けた。
決勝では、ピットイン渋滞で順位をロスしたけど、
亜久里さんも言っていたように去年の今頃に比べたら大躍進だ。
去年とは全くレベルが違うチームになった。

僕は日本人。トップ3に注目しつつも、
今シーズンも皆と一緒に日本勢へ熱い声援を送りたいね。

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
いよいよ新時代の開幕(*^-^)
レース、タイヤ、新レギュレーションやルーキーの事など、2007年も右京さんのブログで勉強しながら楽しんでいきたいと思います。
開幕戦はライコネン圧勝でしたね。赤いマシンでガッツポーズのライコネンは、今までの苦しさが報われたような走りに思えました。
日本勢は勿論!琢磨さんのポイント取得にも応援したいと思います((o(∇^*o)
KAO
2007/03/22 23:35
やっぱりライコネンは速いですね!やはり去年はマクラーレンのマシンがダメだったのかなぁ?と、思わされますね!しかしアロンソもやはり速かった!今年のF-1 は面白くなりそうです!ホンダがんばれ〜〜〜〜
カカロット
2007/03/23 01:31
やっぱりライコネンは速いですね!やはり去年はマクラーレンのマシンがダメだったのかなぁ?と、思わされますね!しかしアロンソもやはり速かった!今年のF-1 は面白くなりそうです!ホンダがんばれ〜〜〜〜
カカロット
2007/03/23 01:32
BSタイヤへの適応能力がカギになりそうですね。
昨年からBSタイヤのトヨタが開幕8、9位だとシーズン進むに連れて苦戦しそうな気がします。
uk
2007/03/24 10:34
ライコネン、アロンソ共にモチベーションが高く、良いシーズンが観れそうで何よりです。(勿論、マッサや新人達も盛り上げてくれそう)
かえる
2007/03/25 14:04
Sports Cafe 6での講演楽しみました。
中学時代からの憧れの右京さんを
身近に拝見することができ、とてもうれしかったです。
これからも応援しております。
また、トヨタ・琢磨・スーパーアグリ・ホンダ
応援します。
ジンタン
2007/04/02 23:51
【オーストラリアGP】本命勝利とアロンソのタフさ 片山右京 F1 Blog/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる