雨の富士で見たF1ドライバーの凄さ

完璧なる新人ハミルトンの凄さを見たね。
初めてのコース、そして雨、ライバルのトラブル、
さらに自身に降りかかる接触アクシデントを乗り越え、
タイトルに大きく近づく勝利を掴んだ。
速く、強く、流れを引き寄せる力も十分あり、
さらにチームの寵愛を集める若者が、
最年少ルーキー王者になる可能性は極めて高い。

一方のアロンソも、誰よりも早く富士入りをして備え、
死力を尽くした。
予選で負けた時点で、
流れがハミルトンにあったと見る見方もあるが、
雨の中で貪欲にアクセルを開けてハミルトンを追った
アロンソにも、王者の凄まじさを見た。

それにしても、F1ドライバーは改めて凄いね。
自分もその中のひとりだったわけだけど、
こうやって見ると改めて凄い。

SC先導の時は口々に
「早く止めてくれ!」
とチームラジオで訴えていたのに、
いざスタートすると本気バトルを展開してくれた。
誰も途中で止めなかったよね。
そればかりか、随所でプライドをかけた闘い。

貪欲にアクセルを開けて、
前が見えなくてもスリップに入ってブレーキング勝負。
それがどれくらい怖いかって、そりゃもう。
まず、スリップに入るとウォータースクリーンで前が見えない。
そして、スリップから外れてブレーキング競争になる瞬間、
速度が落ちるからウォータースクリーンが小さくなって
前が見えるでしょ。
その瞬間、いきなり他の車が目の前に現われたりするわけ。
しかも、そいつが横向いてたりする。
だけど、それを恐れていたら負けだからね。
それでも、勝負するのは、
F1ドライバーの根性というかプライドみたいなものだ。

マッサVSクビサの最終ラップの攻防なんか、もう意地だったよね。
今回のマッサは強かったし、難しいコンディションで攻めていた。
自分に足りないものをレース毎に強化していて、
この若者も成長著しい。

ライコネンの100Rには驚いたね。
普段、富士を走っているドライバーでもやらないことを、
初めて走るドライバーがトライしてくる。
あれこそ、F1ドライバーの凄さだ。
水の少ないところ、速度の乗るライン、
直線的に次のコーナーにアプローチでくるライン。
それを路面状況に合わせてやってしまうのだからね。

いやあ、本当に凄いものを見させてもらった。

それにしても残念だったのは日本勢。
フリー走行であれほど好調だったヤルノも失速。
雨を味方につけたと思ったバトンとバリチェロも
アクシデントに巻き込まれ、琢磨と左近も厳しいレースだった。
でも、あの天気の中で凄まじいバトルをした
F1ドライバーであることは誰も否定できない。
次に期待したい。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 13

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
かわいい